GeoChat

スマートフォンの専用アプリと無線接続し、テキスト、位置情報、SOS信号を送受信できる端末です。

通信規格GEO-WAVE、Bluetooth Low Energy

周波数/送信出力920MHz/250mW

電源仕様内蔵リチウムバッテリー(3.6V/2,875mAh)

外形寸法W53×H135×D37mm

重量約127g(バッテリー含む本体のみ)

その他準天頂衛星対応GNSS受信機搭載、USB Type-C充電可

GeoChat(ジオチャット)は、独自の遠距離無線規格「GEO-WAVE」を用いて、携帯圏外など通信インフラの整っていない完全オフラインの環境でも、端末同士の無線通信によってメッシュネットワークを構築し、スマートフォンとBLE(Bluetooth Low Energy)で接続し、スマートフォンの専用アプリと連携することで、チャットや位置情報、SOSメッセージの送受信が可能になるデバイスです。

GeoChatがつながる理由

GeoChatは「里山通信」の独自無線規格GEO-WAVE(ジオウェイブ)を使用しています。920MHz/250mWの出力が強い無線によって「超」遠距離通信を実現。険しい山間部でも広範囲に双方向通信が可能なので、携帯圏外エリアでもGeoChat同士でチャットやSOSメッセージの送受信ができます。
詳細はこちら

GeoChatのつながる仕組み① 単独

【GeoChat同士でつながる】
GeoChat端末とスマートフォンを持っていれば、GeoChat同士でチャットやSOSの送受信ができます。スマートフォンが無くても、端末のSOSボタンを押してSOSを発信したり、定期的に位置情報を発信して居場所を知らせることが可能です。
詳細はこちら

GeoChatのつながる仕組み② 中継機

【中継機とつないで通信エリア拡大】
ソーラーバッテリーを電源とした小型軽量な中継機を、山頂や稜線上など見通しの良い高所に設置すれば、GeoChat同士で通信できるエリアを拡大できます。
詳細はこちら

GeoChatのつながる仕組み③ 親機 

【親機とつないで日本中とチャットを可能に】
さらにインターネットに接続された親機を設置すれば、携帯圏外のGeoChatが親機を経由してクラウドサーバーに繋がり、日本中とチャットのやりとりや、緊急時のSOSメッセージの送受信が可能になります。この環境では定期的に発信されるGeoChat端末の位置情報機能により、利用者の位置情報を関係者が常に把握でき、より確実な安全管理が実現できます。

【里山通信PV】里山通信がつくるIoTインフラの世界

里山通信は、高度成長期を経て様変わりしてしまった日本の森・里・山・川・海全てが活力と豊かさを取り戻せるように、IoTで人と自然との課題解決を目指しています。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

里山通信プロダクト一覧表

GeoChat パンフレット

お問い合わせ

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

株式会社フォレストシー

  • ICT化に興味がある
  • 獣害対策したい
  • 作業効率をあげたい
  • 製品を購入したい

自然再生・地方創生を基本理念に、携帯圏外でも利用可能な独自の長距離無線規格「GEO-WAVE」を活用した「里山通信」事業を全国で展開。携帯圏外で活動する林業従事者の非常時のSOS発信やチャットコミュニケーション、林業機械の位置情報共有・運行管理などを可能にする「GeoChat」等、各種無線製品・サービスを開発提供しています。

他の製品

GeoBase

GEO-WAVEで繋がる「里山通信インフラ」を構築するための親機・中継機です。

GeoCam

携帯圏外でも遠距離送信できる、屋外対応の通信機能付きカメラです。

GeoVital

腕時計型のバイタルセンサーで、脈拍や暑さストレスをいつでも計測できるバイタルウォッチです。

GeoWeather

測定した気象データをGEO-WAVEで無線送信する、統合型気象観測デバイスです。

GeoWana ※旧オリワナシステム

携帯圏外からでもわなの作動を知らせる事ができるデバイスです。

ゲスト様

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎