GeoBase

GEO-WAVEで繋がる「里山通信インフラ」を構築するための親機・中継機です。

通信規格【親機】GEO-WAVE、LTE、Wi-Fi、Ethernet

通信規格【中継機】GEO-WAVE

周波数/送信出力920MHz/250mW

電源【親機】AC電源(100V)

電源【中継機】専用ソーラーバッテリー(別売)

その他準天頂衛星対応GNSS受信機搭載

GeoBaseシリーズは、GEO-WAVEで繋がる「里山通信インフラ」を構築するための親機・中継機です。携帯圏外が多い山間部でも広域で通信可能なメッシュネットワークを構築することによって、中継機は子機の通信エリアを拡張し、親機は子機をクラウドに繋ぐ事が出来ます。

GeoBase Multi の繋がり方

【6ポートで用途別に分散処理】
GeoBase Multiは、6ポート対応マルチ回線タイプのため、各ポートにチャット・カメラ・気象計・水位センサーなど、複数用途の子機を割り当てることで、子機から届く大量・多様な情報を分散して効率的に処理することが出来ます。
詳細はコチラ
 

GeoBase Dual の繋がり方

【2ポートで低コストに分散処理】
GeoBase Dualは、2ポート対応版のため、GeoBase Multiよりも低コストに最低限の子機の分散処理が可能です。例えば、通信の負荷分散のため2ポート必要なGeoChatの運用や、GeoCam(カメラ)・GeoWeather(気象観測)に1ポートずつ割り当てる運用が可能です。
詳細はコチラ

GeoBase Single の繋がり方

【1ポートで最低限の通信インフラに】
GeoBase Singleは1ポート対応版のため、単一の用途にしか利用出来ませんが、GeoBaseシリーズの中では最も低コストに通信インフラの構築が可能です。 GeoBase MulitやDualと比べて、ポート数の違い以外に通信性能や機能の差はありませんのでご安心ください。
※GeoBase Singleでは、通信の負荷分散のため2ポート必要なGeoChatの運用は出来ません。
詳細はコチラ

GeoBaseシリーズの特徴(共通)

【画像データの転送にも対応】
GeoBaseは大容量メモリを搭載しているため、GeoCam(カメラ)で撮影した低解像度画像データをメモリ内に保持して、安定的に中継・転送することが可能です。
詳細はコチラ
 

【里山通信PV】里山通信がつくるIoTインフラの世界

里山通信は、高度成長期を経て様変わりしてしまった日本の森・里・山・川・海全てが活力と豊かさを取り戻せるように、IoTで人と自然との課題解決を目指しています。

資料を請求する

正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります
  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:

お問い合わせ

  • 企業名:
  • お名前:
  • メールアドレス:
正しいメールアドレスを入力してください
未入力・未選択の項目があります

株式会社フォレストシー

  • ICT化に興味がある
  • 獣害対策したい
  • 作業効率をあげたい
  • 製品を購入したい

自然再生・地方創生を基本理念に、携帯圏外でも利用可能な独自の長距離無線規格「GEO-WAVE」を活用した「里山通信」事業を全国で展開。携帯圏外で活動する林業従事者の非常時のSOS発信やチャットコミュニケーション、林業機械の位置情報共有・運行管理などを可能にする「GeoChat」等、各種無線製品・サービスを開発提供しています。

他の製品

GeoChat

スマートフォンの専用アプリと無線接続し、テキスト、位置情報、SOS信号を送受信できる端末です。

GeoCam

携帯圏外でも遠距離送信できる、屋外対応の通信機能付きカメラです。

GeoVital

腕時計型のバイタルセンサーで、脈拍や暑さストレスをいつでも計測できるバイタルウォッチです。

GeoWeather

測定した気象データをGEO-WAVEで無線送信する、統合型気象観測デバイスです。

GeoWana ※旧オリワナシステム

携帯圏外からでもわなの作動を知らせる事ができるデバイスです。

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎