チェンソーの賢い選び方

作業に適したチェンソーを使うことで、作業は効率的になる。ここでは、あらゆる林業従事者を満足させるチェンソーの選び方をご紹介しよう。

チェンソーの選ぶ際に重視するポイント



1. 主流のエンジン式に加え、バッテリー式も選択肢に!
林業従事者にとって主流であるエンジン式のメリットは、種類が豊富であること。同じ排気量でも特別な機能を有したモデルや、さらにオプション機能を選ぶことができる。だから自分の作業にピッタリの一台を選びやすい。

気になるのは、近年話題に上ることも多いバッテリー式だ。その進化は凄まじく、エンジン式と比較すると振動や騒音が少ないから疲れにくいというメリットがある。

2. 機能の違いに目を向けて選ぶ
林業従事者がチェンソーを選ぶ際は、機能の違いに目を向けることを提案したい。国内外の企業が様々なチェンソーを販売しているだけでなく、各社が続々と独自機能を開発することで、チェンソーの高性能・高機能化が進んでいる。ひと昔前の製品と、最新機種とでは、かなりの性能差が生じているのだ。

オススメのチェンソー


T540iXP

T540i XPは、ハスクバーナの最もパワフルなバッテリー式トップハンドルチェンソーです。

GZ4350EZ

GZ4350EZは、ゼノアのプロクラス最上級モデル。軽量と人間工学に基づいた設計で疲れ知らず、チェンソー作業を快適にするための機能を全て搭載。

共立 チェンソー CS43RS

鋸断性能を追求した新世代プロユーザー待望の1台

550XP MarkII

ハスクバーナのフラッグシップモデル。AutoTune搭載のプロフェッショナルXPチェンソー。日本の林業プロの求める最高のパフォーマンスをご提供するモデルです。


572XP

70c㎥クラス最上級モデル。調整不要のAutoTune・耐久性・視認性の高いフェリングマーク・キャプティブナット等プロが望む全てを装備。

新ダイワ プロチェンソー E3073DP

日本の山林にマッチした大径木用国産大型プロソー

共立 トップハンドルソー CS252T

パワーと機動性を併せ持つチェンソー

充電式チェンソー MUC254DGNR

鋭い食いつきが魅力の薄刃仕様。優れた取り回し性で高所作業に最適な充電式チェンソー。




このような機能の違いに目を向けることで、自身のニーズにマッチしたチェンソー選びができるはずだ。

ゲスト様

ID

Password

※マイページ機能はログインすると利用できます

未読のメッセージがあります

注目ブース

「あとで見る」に追加したブース

もっと見る

「あとで見る」に追加した 製品・サービス

もっと見る

ダウンロードした資料

もっと見る

オンライン展示会に戻る▶︎